YURIKO's INFO


☆Twitterはこちら:https://twitter.com/YURIKOHOSHINA

☆チームホッシーナ主宰
チームフェイスブック:https://www.facebook.com/teamhoshina
チームブログ:http://ameblo.jp/teamhoshina/
チームツイッター:https://twitter.com/teamhoshina
チームインスタ: https://instagram.com/teamhoshina/

2013年10月7日月曜日

たくさんの方が書いておられるし、便乗みたいになるのもイヤだし、私なんかが軽々しくする話しじゃないし、だから私の中だけで留めておこうと思ってたのだけれど、もしかしたら、こうして一人でも多くの人に話してもらうことが、思い出してもらうことが、少しでもお弔いになるのならと、もしかしたらそれだって私の自己満足のエゴなのかもしれないけれど、でも、私は、彼が芸人であった以上、人の話題にあがる事を嫌がらないだろうと思い、ちょっとだけ、お話しさせて下さい。桜塚やっくんのこと。

知り合いほどでもないのですが、やっくんがまだトップコートに所属されてた頃に、私のアクティングクラスを数回受けて下さっていました。とっても真面目で礼儀正しい、お肌の綺麗な好青年でした。あのスケバン恐子のキャラクターとは全然違う、穏やかで大人しい小柄な可愛い顔立ちの方でした。
やっくんも日芸出身で、しかも学年は1つ下。確か、映画学科の演技コース。で、私が所属してたサッカー部のうちの学年の主将が映画の監督コースで、彼の学生映画の作品にも出演してらしたそうで。
その上、サッカー部の1学年後輩で、私と同じ、音楽学科声楽コースの竹内くんは、やっくんの元相方で。
そんな共通点があり、アクティングクラスのあとに雑談で盛り上がったことを思い出します。アチスタと呼ばれていた、スタジオのグレーのリノの床に二人で正座して、お話しした。とても気さくで優しい方だった。

そして数ヶ月前には、新宿西口で路上LIVEの準備をしているところを通りかかった。話しかけはしなかったけれど、だって絶対に覚えておられないと思ったし、MC中だっし、でも、久々にそのお姿を拝見し、あぁやっくん頑張っておられるのだな新しい道で頑張っておられるのだな私も頑張ろうと思ったのに。

頻繁に会ったり見掛けたりしなくても、その年齢や普段の健康状態(もちろん本当のことは知らないけれど)から元気でいるのが当たり前、だと勝手に判断している方が急にいなくなることの衝撃。ただただショックなのです。やっくんの事実にもショックだし、元気でいるべき人が急にいなくなる事への衝撃と恐怖にもショックです。

まだまだやりたいことがたくさんたくさんあっただろうと思うと、ただただ残念でなりません。
どうか、どうか安らかに。

0 件のコメント:

コメントを投稿