YURIKO's INFO


☆Twitterはこちら:https://twitter.com/YURIKOHOSHINA

☆チームホッシーナ主宰
チームフェイスブック:https://www.facebook.com/teamhoshina
チームブログ:http://ameblo.jp/teamhoshina/
チームツイッター:https://twitter.com/teamhoshina
チームインスタ: https://instagram.com/teamhoshina/

2018年6月19日火曜日

1年半後まで

おはようございます。朝の4時です。
本日帰宅してから着の身着のまま帰宅のまま気絶コースで、
4時間くらいソファで寝てました。
今日の準備で昨日あまり寝てない上に、
今日はなかなか緊張する打ち合わせが続いたせいもあるでしょう。
(私は本当に体力がなくて、いつも困っています)

そんなことより。
ここだけの話。
なんと。
2020年の1月まで。
フワ〜っと。ざっっっくりと。
仕事が入ったのです。
いや、とはいえ、スカスカよ、ガラガラよ、
でも、なんとなぁく埋まったのです。
これは、私にとっては快挙です。
(世の中の売れっ子脚本家さんや売れっ子演出家さんたちは、
もっと先まで埋まってると思うよ)

今までも単発で、
例えば、来年の頭は入ってないけど来年の夏には仕事がある、
みたいなことはあったのだけれど、
ふわ〜っとでも、コンスタントに1年半後まで仕事が入るなんて。
いただくなんて(まだ確定してないのもある)。
ありがたくて気が引き締まると同時に小躍りの気分です。

嬉しかったのと驚きなのとで
早速母チエコにそのことを報告したら、
手を叩いて喜んでくれました、
毎日神棚にあなたの健康と仕事をお願いしててよかった!
と。
ありがとう、チエコの神棚の神さま。

私ね、事務所入らずにフリーで活動してますし、
劇団持ってないし(チームホッシーナはどちらかというとユニットに近いと思う)、
師匠と呼ぶような方も、後ろ盾になって頂くような方も、
大学のサークルも、養成所出身でも、なんもなくて、
だから縦も横も演劇界のつながりなくて、
漂流型というか、浮遊型というか、超カッコよく言えば一匹狼なんだけど、
ただの単体活動というか。先輩後輩もいないし。所属もない。
だから、ここまで活動を続けられているのは、
なんのツテもコネもないのに、
私のことを気に入って下さった少なからずの方々のおかげなのです本当に。
たくさん失敗してきてるし、
失礼な言動もやらかしてきてるし、
それでもこうしてご縁を続けてくださる少なからずの方々のおかげなのです。
心から、ありがとうございます。

演劇は一人では創れません。
いや、極論では、なんとか出来るのかもしれないけど。
でも、基本的には創れない。
実力だけでも、技術だけでも、才能だけでも、人脈だけでも、知名度だけでも、
人柄だけでも、家柄だけでも、運だけでも、演劇の仕事は続かない。




あぁぁぁぁ今ここまで書いて、記憶飛んだ。。。
眠気に襲われております、
何を書こうと思ってたのかわからなくなっちゃったので、
寝ます!
めっちゃ途中だけど!
いやほんと途中だけど!!
寝るね!!
ねるねるねーるね!!!!!

2018年6月12日火曜日

読め

もう2時20分ですから、手短に。

私ね、日本に帰国する前から、日本で演技の教えを始めたんですよ。
始めたというか、仕事を頂いたのです、
まだエヌワイ在住時から、
帰国する度に、トップコートという事務所が当時経営していた養成所で。
余談ですが、チームホッシーナ作品の常連の一人の川口恵里奈氏は、
ここで知り合ったんですよ。

でね、つまり、教えを始めて、10年くらい経つのです、
その間、途切れることなく、ずーっと教えているのですが、
昨年度から某高校で教えのクラスを担当していて、
そこが、初めて、通年での教えだったのです。
TDCで5年ほど教えてましたが、
そこはオープンクラスだったので、
常連さんもいましたが、
1年のクラスのプランとか立てないわけですよ。
各自に対して、コレコレを試そう、とか、ドレソレを克服しよう、とかはあったけど。
他は、単発のWSや、定期のレッスンがあっても各自に合わせた内容だったり。
でも、その高校での教えは、1年間担当する訳です。
ほぼ毎週ですが、
長期休みやら試験やら試験休みもあるので、
1年間といっても、正確には1年間キッチリではなく、
ほぼ1年間といったところでしょうか。

1年間担当出来るのは、責任があります(どの教えも責任はあります!責任持ってやってます!!)。
というか、自分の責任が見えやすい。
1年後までに、
ここまでは伸ばそう。
ここまでは出来るようにしよう。
これは教えよう。
これだけは伝えよう。
もちろん、
演技を好きになってもらいたい、演劇に興味をもってもらいたい、
表現することの楽しさを感じてもらいたい、
自分自身でいることを誇りに思ってもらいたい、
他者を尊重することを知ってもらいたい、
あなたは価値のある素晴らしい人間だ。
などなど、
教えをする時は、いつでもどこでも、思ってます。伝えてます。

話がズレた。
いや、私が何を伝えてるかの話をしたいんじゃなくてね、今日は。
今までの教えでは気づいてたけど手をつけてこなかったこと/つけられなかったこと。
でも通年の教えだからこそなんとかしたいと思うこと。
そして、せっかくなら、他のレッスンやWSなどの教えでも手をつけ始めたいこと。

読解力、語彙力、国語力をつける。

芝居やってる人、本読まない人多過ぎる。
プロも、プロと自称してる人も、プロになりたい人も。
戯曲はおろか、小説も読まない、字を読まない。

そんなんで役者やりたいとか!
あめぇんだよ!!!!!

どこでレッスンしても、とにかく、漢字が読めない、意味を知らない、誤読が多い。
多過ぎる(そうじゃない人もいますよ、少ないけど)。
まぢで。
これ、まぢで。
ちょーーー多いです。
しんじらんねぇぇぇっっっっっ!!!!!
って私いっつも思ってます。

もちろん、少々はあるでしょう。
私だって読めない漢字、知らない言葉、あるよ、ある、当たり前、
でも、あるって知ってるから、調べるよ。
でも、多過ぎるんですよ、自覚してない人。
だから、自分の国語力の低さに気がつかない。

本読むの苦手でぇ〜、じゃねーから!!!!!
そんな役者いらねーよ!!!!!
って本当に思いますよ、私。
読めなくても努力してる人は、いますよ。
努力もせずに、本読まないんっすよねぇ〜、じゃねーから!!!!!

いやいや。
だって、言葉の仕事ですよ、役者って。芝居って。
物語を伝えるんですよ。
本読まないとか。
意味不明でしょう。
戯曲も読まないしねぇ〜
そりゃ漢字読めないし語彙力増えないし読解力つかないし、
芝居が上手くなる訳がない。

とゆうことで。
演技の教えを担当しておりますが、
今後、国語力の強化に力を注ぎたいと思います。
いや、どの教えの現場でもいっつも言ってるのよ、本を読めって。
言ったって、やらないから、ほとんどの人。
演技の勉強以前の話だよ、だって、台本理解できないんだから。できてないんだから。
エヌワイで芝居の勉強してる人で、
シェイクスピア読んだことないとか、チェーホフの名前知らないとか、
ゴドー知らないとか、いないですから。
日本だったら、岸田國士か?別役さんとか?

芝居出来るようになりたかったら、
まず本を読め。
(本を読んだからといって、必ずしも芝居が上手くなる訳ではありません。
でも、本を読まないよりは、読んでる人の方が上手くなる可能性は高いでしょう)


PS。
謎の勢いを発して書きました。もう3時になります。


2018年6月10日日曜日

きましたねぇ

本格的に梅雨入りしましたね、梅雨きちゃいましたね、
雨よりも曇りが苦手なのですが、かなり気分は憂鬱です。
体も重いです。
なんとかこれ打破したく、雨の日対策を考えています。
世の人々はどうやって乗り越えているのだろう。
雨ごときでダル〜ンってならないのかな。
今年の梅雨は始まったばかりですから、
早めに良い対策を立てて、陽気に乗り越えたいと思います!

最近何をしているかというと。
落ち着いた日々です。
来年の仕事の為に資料読んだりが1番時間を割いていて、
あとは、秋の仕事の資料探したり読んだり、
9月の公演の制作仕事したり、
時々某書く仕事の構成考えたり、
その他の書く仕事をどこに入れるかスケジュール検討したり、
教えしたり、
観劇したり、
映画見たり、
体の様子見たり、
夜散歩したり、
少しずつ部屋の片付けしたり、
来月から徐々に忙しくなるので、
その前に今まで以上に、
使い勝手の良く、
居心地よく、
シンプルでおしゃれな
部屋作りをしています。

稽古が佳境じゃないとか、
締め切り直前じゃない、
というのは、
こんなに心穏やかに過ごせるものなんですねぇぇぇ
驚いちゃう。

でも、実は、リストアップすると将来的にやることが
たくさんあって、
でも、まだ先だから、という謎の余裕みたいなのが湧いてきて、
ちっとも手をつけてないんですよ。
スケジュール管理能力の欠如です。
今からやった方がいいよな、って思う。
それは、思う。
分かってる。
わかってるんだけど。
ど。
ど!
どうもねぇ、目の前のことでいっぱいぱいですよ。
分かってても出来ないんだったら、
その時になって死ぬほど困るしかないよな、って思ってます!

さ。
今日も資料読みと部屋の片付けです。
今日はキッチンを片付けようと思いまーす。

ばいちゃーーー


2018年5月20日日曜日

全力で閃いて、半分眠たくて。

さっきのブログをUPしたあと、最近地味に続けている夜散歩(歩いたり走ったり)に行き、帰って来て家の外階段で涼んでいる時に

はっ!!!!!

と閃きました。

びびびっ!!!!!

と気がつきました。


とはいえ、私今眠たくて、半分ボンヤリしているのですが、
自分がこの閃きを忘れることのないように、
ここに書き記しておきます。

私、演出している時や教えの時はパンツを履きます。
他の仕事の時はシャツなどのトップスは地味目な色が多い。
もちろん、パンツが好きだし、紺が好きなのですが。
動きやすいし。
好きなのだけれども。
好きで選んでいるのだけれども。
でも、同時に、
なめられないようにしなくちゃ、とか、
女っぽくならないようにしなくちゃ、とか、
下に見られないようにしなくちゃ、とか、
いつも常に頭の隅にあったし、ある。今も。
俳優の時よりも、演出の時は特に。打ち合わせとかも。
女だから、年下だから、外国帰りだから、と
なめられたくないと、
いつもいつも思ってたし、思ってる。
(なぜなら、実際そういう態度を取られることが少なからずあるからです、年上の方々から。)
もちろん、それらを覆すためには結果を出すしかないのですが、
結果以外に、
ジャッジされる訳です、
もちろん、私が無名だからというのも十分あるでしょう、
でも、
女だから、年下だから、外国帰りだから、
で、差別を受けることも少なからずあるわけです。

でね、私はそれを助長しないように、という意味も含めて、
女っぽくならないように、地味な格好を、選んでいたのではないか、
と思い当たった訳です。
華やかな色や格好、ヒラヒラしたもの、肌の透けるもの、肌の露出、などなど。
もちろん、仕事の支障になるから選ばないというものもありますよ。
それに、もう日々のことですから、
そんなこと考えて服選んでないですよ、毎日。
でも、その考え方は染み付いていたのではないか、と思ったのです。

もしかしたら、それが助けになったことはあるかもしれない。
女っぽい(だいたい、「女っぽい」ってなんだよ!)格好をしないことで、
なめられなかったり、少しはフェアに扱われたりしたこともあるのかもしれない。
信用してもらえたこともあるのかもしれない。

でも。
違うんだよ。
それじゃいけないんだ。

って、さっき閃いた訳です。 
(相変わらず眠たい頭で綴っております。)

私は、私の好きな格好をするべきなんだ。
もちろん、結果的に、稽古ではパンツを履くだろう、
だって稽古しやすいし。
そして、結果的に毎日紺を着ているかもしれない、
でもそれは、自分で着たいから着るんだ。

自分が仕事を考慮して地味な格好をするのは良い、
好きで地味な格好をしたって良い、
地味でも派手でもなんでも、
私は好きな格好をすれば良い、
ただ、
差別されるのを恐れて、面倒臭がって、うまく回避しようとして、
自分の格好を決めるべきじゃないんだ。
ってことに、閃いたのだよ!!!!!

今までも気がついてても良さそうな考えなのにな。
ぼけ〜って分かってたかもしれないけれど、
はっ!ってロジカルに理解したんだな、きっと。
実感に落ちた瞬間ですな。

ふむふむ。
明日読み返したら、変な日本語かもしれないけれど、
とりあえずこのままUPする。
眠い。
もう寝る用意して寝ます。2時にはベッドに入れるかなーーー🎶




これ、今ご一緒してる方々じゃないからね、そんな露骨なことしないです、
それに、そんなジャッジとか差別しない年上の方だって沢山おられます、
というか、今まで日本の演劇界で活動していて感じたことです、
積み重ねの想いです。


2018年5月19日土曜日

はらくくりまーす

最近東京はお天気良かったですね。今日は少し肌寒かったけれども。
みなさま、太陽をエンジョイしましたか?

近頃私は、なんとか2時までに寝ようとしつつ、
2時半とか3時とかにベッドに入っています(ベッドに入ると即寝です)。
それでも、今までよりは早寝になりました。
今までは4時とか5時とか6時とか(締切前じゃなくても)。
しばらく努力続けて、2時までにベッドに入る、
そして、希望は1時半までにベッドに入れるようになりたいです。
締め切りがない時だけでも。

でも、長年の習慣ですから、
なかなか難しいですねぇ。
体のリズムを変えるわけですから。

でも、寝ても寝ても昼間に眠かったり
疲れが取れなかったり
体力がなくて仕事から帰るとソファで気絶するとか
少しずつ減らしたいのですよ。
なので、質の良い睡眠をとるよう、
すこぉしずつ改善していこうと思っているわけです。
まずは今月は2時までにベッドに入れる日を増やしていこうと思います。

さて。
最近、自分の脚本の方向というかジャンルにね、
似た映画を見ようと思いたったわけですが、
私の作品は
DRAMA+COMEDY=DRAMEDY
ドラメディというジャンルになるのかなぁと考えております。
コメディっていうほどオモシロ一辺倒でもないし、
ドラマっていうほど重厚でもないし、
ヒューマンドラマっていうほど泣けるわけでもないし、
いや、もちろん、それぞれのジャンルには色々な種類の作品がありますが。
どれが一番しっくりくるかなぁと思うと、
ドラメディかなぁと。

で、dramedy bestでググって出てきた映画で
Netflixに入ってる作品を見ました、「her」ていうのだけれど、
これdramedyのジャンルなんだ!って思った。
いやもちろん笑えるけれども。
dramaの要素が多い気がしたのだけれど、
まぁ、きっちりジャンル分けするのは難しいのかもしれないね、
dramedyの要素もあるし、dramaの要素もあるし、みたいな。

演出ももちろんうまくなりたいけど、
良い本が書ける作家になりたいと、
前より強く思うようになったのです。
もちろん、いつも思ってるのよ、書けるようになりたいなぁ〜って。
でも、ちゃんと、そう思うようになったのです。
いやぁ〜、別に本の虫でもなんでもなかった私が
「本を書く」とかまぢで笑っちゃうけどな!
でも、こうして書かせて頂く機会が増えているのに
いつまでも
いやぁ劇作家・・・なのかなぁ私?
って言い続けるのはどうよ。
どうかと思うでしょうよ。

腹括るわよ。
括る時が来たわよ。
来たと思うのよ。
特になにかが起きたわけでもなんでもないけど。
来たんだと思うのよ、腹を括る時が。
腹、括ろ?

2018年5月13日日曜日

寝る時間

今日は晴れましたねぇ!日中は暑いくらいでした。みなさま、太陽は満喫しましたか?

今日は、ある企画において、とても重要な方にお話を伺いました。大変ですから頑張って下さいね、との有難くも、やっぱりか!!というお言葉を頂き、気が引き締まりつつも震えました。いつもよりは長期の企画なので、一歩ずつ頑張ります。

それから、東京テレポートへ行き、脚本改訂と演技指導で関わらせて頂いた
コニカミノルタさんの「VirtuaLink」in ダイバーシティ東京プラザ
へ、ナヴィゲーターさん達の本番の様子の最終確認に伺いました。
この新しい脚本の上映になってから、約ひと月が経ち、
みなさんどんな感じかしらと少々緊張していたのですが、
それぞれが自主練されたのがよく分かり、一安心!
それどころか上達もしていて、とても嬉しく思いました。

私が改訂させて頂いた脚本の上映は、
多分しばらく続く筈なので、
ご都合よろしければ、ぜひお試しくださいねーーー
https://planetarium.konicaminolta.jp/VirtuaLink/DiverCityTokyoPlaza/



あのね。
実はね。前々から気にはなっていたのだけれどもね。
忙しい時は、まぁ、「だって仕方ないもん」でやり過ごしていたのですけれどもね、
睡眠時間というか就寝時間が、基本的に明け方なのですよ。
4時とか5時とか。
高校くらいから、というか物心ついた時から、ずーっと夜型で、
体が癖になっているのだと思うのだけれど、
あと夜だとメールとかラインとか、自分のこと以外に邪魔されないとか、
長い間の習慣以外にも理由はあると思うのだけれども、
ずーっと夜型。明け方。
やはり、
疲れが取れない。
だからか、変な時間に寝てしまう(しょっちゅう変な時間に気絶してるだよ)。
いつでも眠いし、いつでも寝たい。
色々体が不調(大きな病気はしてないのですが)。

でね、昨日川口やえやえ恵里奈嬢と話していて知ったのですが、
「夜は、眠くなったら寝る」
のではなく、
「夜は、寝る時間になったら寝る」
のだそうです!!!!!

衝撃!!!!!

いやこれにはびっくらしたよアタシャ!
眠いとか眠くないとか関係なく、
寝る時間になったらベッドに入ってください、ってえりなに言われた。
オドロキ!!!!!

ということで。
今日から2時までにはベッドに入ることにします。
少なくても、締切に追われてない時だけでも。
やれるだけやってみます。








2018年5月11日金曜日

いろんなおもしろい

今日の東京はヘンテコリンなお天気でしたねぇ。渋谷では恐ろしいほど地響きのする雷がなりましたよ。

さて。
さきほど、twitterに二呟きしました。

最近見た「SHORT TERM」も「LEGALLY BLONDE」も「CAROL」も「パレードへようこそ」も「BIG EYES」も面白かったです。それぞれ「面白い」の意味は違いますが(そしてそれについてはここで語りませんが)、どれも面白かったです。面白い作品に出逢えるのは幸せですねぇぇぇ!!!
いろんな「面白い」があるのは健全だ。私が何を「面白い」と思うのかは私の自由だし、私は私の「面白い」を求めるぜ。

です。
創作って、この「何を『面白い』と思うか」に依るよね。
この「面白い」は、楽しいとかのFUNもあるし、興味深いのINTERESTINGもあるだろうし。CURIOUSとかね。

人によって、この「面白い」は全然違うし、違うのは当然だし、
その違いを認めて、受け入れていきたいものです。
他人の「面白い」を「面白くない」と思うのも考えるのも、当然。

だけど、他人の「面白くない」を受け入れたくない人、少なくないよね?

私は、「THE GREATEST SHOW MAN」も「リメンバーミー」もそんなに面白くなかったです。
グレーテスト〜の方は、楽曲とダンスは素晴らしかったと思ったけど、
ストーリーが雑で稚拙。ご都合主義。
バーナムの葛藤はもちろん、家族も、フリークスたちの葛藤も描かれていない。
つまり、ドラマがない。
ペラッペラのストーリーだと思いました。

「リメンバーミー」は、色彩美しかったし、ミゲル役の声優さん(英語版)上手だったし、他の声優さんたちも素晴らしかった。CGも素晴らしかった。
でも、ミゲルが精魂込めて作ったギターを祖母が地面に叩きつけてぶっ壊しておいて、謝らないまま最後はめでたしめでたしとか、
物語が中だるみするなとか、
死後の世界行った後に思い出してもらえなくなると本当の死がやってくるとか、
生きてる人に足枷すぎないかと私は思いました。
(家族の繋がりが強いメキシコが舞台なのでとても理解できるのではありますが)

私はそう思ったし、べつに正解でも不正解でもないし、
ただの感想だし、
でも、
ただの感想だけど、ネガティヴ(風)なこと書くと、
わざわざ書くな、とか、
良いと思った人もいるのに、とか、
口封じの刑みたいになるので(そして、そうなっている人を見ているので)、
言わなくなってしまった。
わざわざクソリプ(失礼!)もらいたくないし(だって面倒だし、気分悪いし、傷つくし)、
私の感想に不満述べられても困るし、
などの理由で言わなくなってしまった。
(意見ならもちろん聞く)

批評をさ、
批判とか悪口とかパーソナルアタックだと捉えすぎる傾向があると思うのよ、
多くの日本の人って。
少なくても、アメリカに住んでた時と比べると、そう思う。
ディスカッションの術を学ばないからかなぁ。
怒られた、ってすぐ言うしね、注意とかアドヴァイスでも。
怒ってねーわ!って思うこと多々あり。
とはいえ、自分も常に気をつけていたいことですね。
例え傷ついたり気分を害しても、パーソナルアタックされた!ってすぐに思わずに、
状況を理解してから決めたいですね、
パーソナルアタックなのか、私への助言だったのか、その人のただの感想だったのか、
とかなんとかかんとか。

なんか長くなってまとまりないですが、
ま、つまりそういうことです。

自分が面白いと思うものは面白いと思うし、
だから人が面白いと思うものは、
それはそれで尊重していきましょうや、
例え自分はそれを面白いと思わなくてもってことですね。
私は面白いと思わない、あらそう?なんで?、でいいじゃんねってことです。
私は面白いと思わない、なんでそんなこと言うんだひどいよ私が面白いって言ってるのに!じゃなくてさ。

いろんな人の面白いがあっていいじゃんね。
その方が健全だ。
99人が面白くなくても自分が面白ければそれで良いし、
100人全員が面白いって思ってもいいじゃんね。
もうなんでもいいじゃんね、面白ければさって感じっす。

まぁ、つまり、
自分は自分で他人は他人だから、
お互いそれを尊重しましょうってことか?

まいいや。

おやすみなさーーーい

PS、
上の映画の感想(感想と言えるほどでもないメモみたいなものですが)読むと、
私は、「物語」(脚本とか構成とかも含めて)に、
興味がいくのだなと思ったよ。
まいいや。

PS2、
そして、私は私の「面白い」を増やしたり追求したり知識を増やすためにも、
たくさんたくさん勉強します。いろんな面白い勉強をします。